ROAD59 -新時代任侠特区-

NEWS新着情報

作品世界観やあらすじを公開!近未来の摩天楼を舞台にしたSF任侠アクションに注目!

INFO

世界観設定

舞台は東京──天海区
東京湾を貫く「国道59号線」。
その先に続くのは欲望で輝く、世界有数の摩天楼。
湾に浮かぶ巨大人工島に、国内外から莫大な資金が投入されて誕生した
眠らない街「天海区」である。

 

幾重にも開発が行われた街は
昔日の匂いを残す雑然とした旧市街区と、洗練された新市街区が
渾然一体となっている。

 

そこには「ジンギ」と呼ばれる任侠者たちがいた。

 

 

「ジンギ」と呼ばれる任侠者たち

本作の任侠者は盃を交わす際に、酒ではなく「血」を用いる。
子は親から、弟は兄から「血」を分け与えられることで晴れて組の一員と認められ、「神祇(ジンギ)」と呼ばれる力を持つ。

 

血の盃を交わすこと、それは人の道を外れること──
ジンギとなった者は二度とカタギの世界には戻れない。
彼らにはそうまでしても、力を求める覚悟と理由がある。

 

 

作品あらすじ

零和の時代の幕開けから数十年。
眠らない街、天海区。
その陰で「ジンギ」は4つの組織に分かれ、互いに勢力争いを繰り広げている。

 

時代のしがらみにとらわれず、自由を生きる「春雲組(しののめぐみ)」。
家族のような絆を持ち、伝統を重んじる「狛浪組(はくろうぐみ)」。
金と権力でのし上がった、飛ぶ鳥も落とす勢いの「黒条組(くろじょうぐみ)」。
世界規模の繋がりを持つ、海外マフィアの連合組織「PHOENIX(フェニックス)」。

 

それぞれの組織が権謀術数を巡らせ一進一退する中、
天海区の地下に封印されているという「夜真多大蛇(ヤマタノオロチ)の首」の情報が
もたらされる。
その血を飲めば、かつてジンギが持っていた神と等しい力を手にできるという。

 

裏社会の勢力図を一変させるであろう「夜真多大蛇の首」と
その封印を解く鍵となる、生まれながらにしてジンギの血を引く「少女」を巡り
これまでにない抗争の火ぶたが切って落とされる。

 

 

SHARE
:OFFICIAL